生活保護受給中でも老人ホームに入居できる?

生活保護を受けていても老人ホームに入居できるのか、費用は負担してもらえるのか知りたい人もいると思うので解説していきます。老人ホームならどこでも入居できるわけではありませんので、施設の選び方や注意するポイントなどを詳しくお話ししたいと思います。

 

生活保護を受給していても老人ホームに入居できる

現在、日本の高齢者は増加傾向にあり、生活保護受給世帯の半数以上が高齢者と言われています。貯金が無く、年金だけでは生活が成り立たず生活保護を頼りに暮らしている人も多く、生活保護を受けている高齢者は増え続けているのです。

 

このような状況なので、生活保護を受給していても老人ホームに入居することは可能となっています。困ったときは遠慮せずに自治体へ相談してみましょう。

 

かかる費用はどれくらい?

老人ホームへ入居する際に気になるのは費用の負担です。生活保護を受けている場合は利用サービス代は国が負担するので0円となっていますが、上限額が定められています。
上限額は市町村によって差がありますので、お住いの役所へ尋ねてみるか、厚生労働省のホームページなどで確認するといいでしょう。

 

老人ホームを検討する際の注意点

生活保護を受給している人が老人ホームを探す場合は、さまざまな条件があるので入れる老人ホームは限られてきます。老人ホームの設備や立地場所、介護スタッフがどのような感じなのか気になるとは思いますが、生活保護を受けている人は別の視点にポイントを置いて探さなければならないのです。

 

選ぶ際は以下の注意点も重視しましょう。

 

・入居費用は生活保護費の上限額内に収まるのか
・生活保護受給者でも入居可能なのか
・生活保護受給者を何人くらい受入れしているのか

 

老人ホームのサービス料金は生活扶助と住宅扶助から負担されますが、月にかかる利用料金が扶助を上回る場合は入居ができないと判断されてしまいます。

 

さらに、生活保護受給者を受け入れている老人ホームでも上限人数に達している場合は入居待ちになったり、入居を行っていないところさえあるので、その点も注意して探しましょう。

 

条件に合う老人ホームを見つけることが困難な場合は担当のケースワーカーへ相談すると、保護費の上限内で入居可能な施設を紹介してくれるので、自分に合った施設が見つかるかもしれません。

 

転居する際は移管の手続きが必要

生活保護受給者を受け入れている介護施設は少ないので、やむを得ず別の市町村の老人ホームへ入居することになる場合もあると思います。そのような場合は、受給者を管理している福祉事務所を転居先の福祉事務所へ移行しなければならないので、移管手続きを行わなければなりません。

 

市町村によっては移管が行えない場合もあるようなので、詳細についてはケースワーカーへ確認してみましょう。

page top