生活保護制度を利用して眼鏡を作れる?

眼鏡は医療扶助によって購入可能

生活保護受給者は国民健康保険に加入できないので、医療機関においての診察や治療を受けた際にかかった費用は医療扶助により負担されます。経済的に苦しく、最低限の生活を送ることができない人に医療扶助として給付され、福祉事務所の所長が生活保護法により指定された医療機関へ診療の委任を行うのです。

 

それから、担当医が眼鏡が必要だと判断された場合は医療扶助により眼鏡が作成できます。

 

眼鏡を作る手順は、お住いの福祉事務所の担当者へ眼鏡を作りたいと報告へ行き、申請手続きを行うと「給付要否意見書」が渡されます。医療券と給付要否意見書を持って眼科へ向かい、担当医が診察を行った後に眼鏡が必要と診断されたら給付要否意見書へ記載してもらいましょう。
処方箋と給付要否意見書を持って眼鏡店へ向かい、自分に適した眼鏡を選んだら見積書を発行してくれます。給付要否意見書を扱っている店舗へ行くと応対が早いでしょう。

 

眼鏡の見積書・給付要否意見書・処方箋を福祉事務所へ提出すると1カ月ほどで受領されるので、完成すれば眼鏡店で眼鏡をもらうことができます。

page top