生活保護受給中に結婚は認められるの?

生活保護を受給している人が結婚したら生活保護は打ち切られるのでしょうか。生活保護受給者であっても恋愛をして結婚へ発展することもあるでしょう。
生活保護制度に結婚に関する制限はありませんので結婚は可能ですが、同じ世帯となるので注意が必要です。

 

生活保護は世帯を基準に決められているので、相手の収入次第で生活保護の受給に関わることも考えられます。世帯収入が増えると減額されたり、受給対象から外されたりすることもあるのです。

 

結婚する相手が生活保護を受けていない場合

結婚相手が生活保護を受給しておらず経済的に余裕があり、最低限の生活以上の暮らしができる場合は生活保護が受けられなくなるので受給を停止させる辞退届の提出が必要になるでしょう。
生活保護は世帯ごとに給付され、今までのように一人にだけ給付するということができなくなるからです。

 

二人とも生活保護を受給している場合は、受給額の見直しが行われ減額する可能性があります。さらに、相手が無職であればこれまでと同様に生活保護を受給できますし、それでも経済的に苦しい場合は相手も生活保護の受給対象となるのです。

 

さまざまな状況がある場合

結婚した際に相手や自分の状況次第で生活保護の受給も変わってくるので、以下の4つのパターンを紹介します。

 

妊娠が判明したら

妊娠が分かって結婚を決めた場合は、配偶者の収入によっては生活保護を停止させるか、相手も生活保護を受給するかになるでしょう。

 

結婚せずに母子家庭の場合は、これまでのように生活保護を受給できます。さらに妊婦加算、産婦加算、母子加算が付与されるので、負担がかかることはなく心配ないでしょう。詳しくは自治体のケースワーカーへ尋ねてみましょう。

 

どちらかが障害を持っている場合

生活保護と障害年金のどちらも受け取れるときは、障害年金が優先的に給付されるので生活保護の額にも影響が出ます。

 

障害年金だけでは最低限の生活を送るのが困難なときは足りない分を生活保護で補い、また、結婚した相手に十分な所得がある場合は生活保護費が減らされたり停止になることも考えられるのです。

 

障害年金は結婚しても金額が変更されることはありませんので、詳しくは担当のケースワーカーへ相談してみるといいでしょう。

 

二人とも障害を持っている場合

結婚する2人が障害を負い、生活保護と障害年金を受けている場合は生活保護の額が減らされることになります。障害年金は変更されることはありませんので、額が変わることはありません。

 

今まで別々の世帯であった二人が結婚して同じ世帯となることで、家賃や光熱費にかかる生活費が減るのでその分の生活保護費も減額されてしまいます。
なので、結婚した際は保護費を軽減させるため同じ部屋に住むよう催促されることが多いようです。

 

結婚相手が外国人だったら

生活保護受給中に外国人と結婚が決まった際の生活保護受給に関しては、自治体によって異なります。相手の外国人が在留資格を持っていれば生活保護の受給対象となることもあるので、詳しくはケースワーカーへ尋ねてみるといいでしょう。

 

生活保護と結婚に関する疑問

生活保護を受けている人が結婚する場合のさまざまな疑問にお答えしていきます。

 

結婚して引越すときの資金は支給されますか?

結婚して一緒に暮らそうと考えている場合、新居へ引越す際の費用は給付してもらえません。引越し費用の給付対象に結婚は含まれていないからです。

 

敷金礼金の返金分や、世帯変更の際に発生する生活保護費の払い戻し金などを引越し費用として活用できる場合もありますが、自治体の判断になるでしょう。結婚すると分かった時点で、引越し費用として少しずつでも貯めておくことです。

 

結婚指輪は購入できますか?

生活保護を受けるにあたって、保持している資産は換金して生活費に充てるという決まりがあります。結婚指輪も資産に含まれるから購入できないのでは?と思いがちですよね。

 

結婚指輪は結婚したという証であり、オシャレや着飾るために購入するものではないので換金を迫られることもないでしょう。なので、結婚指輪の購入は可能になります。

 

結婚式を挙げたいのですが可能ですか?

生活保護は最低限度の生活を保障することが目的であるので、結婚式の費用は負担されず挙げることは不可能でしょう。

 

しかし、結婚式に招かれた場合は参列しても問題ありませんが、その分のお金は支給されません。参列に必要なお祝い金やドレスなどは生活保護費から出すことになるので、生活を工夫して貯金しておくことです。

 

生活保護受給者ということが配偶者に知られる?

生活保護を受けていることを配偶者に知られたくない、という人もいるでしょう。絶対に知られることはないとは言い切れませんが、状況によっては知られてしまうこともあります。

 

受給時の調査による扶養照会で親族には知られてしまいますし、医療機関で受診する際も医療券を出すので知り合いに見られている可能性もあります。

 

また、近所の人から平日の日中に出歩いているところを見られたり、ケースワーカーが訪れたところを目撃されてしまうこともあるようです。そのようなことが重なり、配偶者に知られてしまうケースもあるでしょう。

 

離婚しても生活保護は受けることができる?

離婚後に収入が減って最低限の生活を送ることが不可能な場合は、引き続き給付の対象となります。
離婚してシングルマザーになった場合は、特別に児童扶養手当や母子加算などが付与されるので安心でしょう。

page top