生活保護を受けていても海外旅行はできる?

生活保護を受給していても海外旅行へ行くことは問題ありませんが、事前にケースワーカーへ連絡し書類の届出を行わなければなりません。

 

遊び目的で海外旅行へ行く場合は収入認定と判断されるため、交通費や宿泊費が生活保護費から減額されてしまいます。例えば旅行期間が7日間だとすると、7日分の生活保護費が減額されてしまうのです。

 

そのため、必ず福祉事務所へ連絡して、海外渡航届を提出しなければなりません。
申請を怠り海外旅行へ行った場合は、不正受給扱いとなります。

 

また、親族の冠婚葬祭や国際大会、修学旅行などで海外へ行く場合は2週間以内であれば収入認定と判断されないので、減額もありません。

 

海外旅行へ行く予定がある場合は福祉事務所へ報告し、帰国した際も連絡を忘れてはいけません。一般の人とは異なり海外旅行へ行く際は申請が必要で、生活保護費が減額されるということも考えて行動することです。

page top