生活保護を申請しても生命保険は継続できる?公的な保険については?

生活保護は最低限度の生活を保障する制度で税金によって賄われているので、生活保護を受給している間は生命保険の加入は認められていません。生命保険に加入して保険料を納めているならその分の費用を生活費として活用できるのではないか、と捉えられ解約を迫られるのです。

 

貯蓄型の保険は税金を使って資産を築くこととなるので、原則は解約となり、戻ってきたお金を生活費に回すことができると判断されます。

 

保険の種類もさまざまありますが、毎月の保険料が高額ではない保険や解約返戻金が30万以下の保険は加入が認められる場合もあるようです。

 

それから、生活保護を受給すると医療扶助により医療券を利用して指定医療機関にて受診することになるため、医療費を負担することはなくなります。介護についても介護保険は加入できませんが、介護が必要になった場合は介護扶助が適応されます。

 

以上のように、生活保護には医療費も介護費用も保障されているので生命保険は必要ない、ということも理由の一つにあるのです。生活保護を受ける際は、資産に関する調査など細かい条件が決められややこしいこともあります。全てが税金で運用されているので自由は望めませんが、生活難な人にとっては最後の砦となっているのです。

 

生活保護受給者は健康保険証が持てない?

健康保険証は医療機関を受診した際に提出すると3割負担で医療を受けることが可能で、会社に勤めている人は企業の健康保険、フリーランスは国民健康保険が適応されます。

 

では、生活保護受給者は健康保険証を持てるのでしょうか。生活保護を受けるとなった場合は、国民健康保険料を支払うことができなくなるので国民健康保険から除外されてしまいます。そのため保険証は持てませんが、自治体から生活保護受給証明書が渡されるのです。

 

生活保護受給証明書は何に使う?

生活保護受給証明書とは生活保護を受けていることを実証する証明書のことで、保険証とは異なります。

 

夜間など緊急時で医療券が発行できない場合、救急病院などで生活保護受給者と判断するための書類であって、医療券や保険証の代用とはなりません。

 

そのため、生活保護受給証明書のみで受診した際は、再度受診した医療機関へ向かい医療券の提出が必要になるのです。

page top