生活保護費でギャンブルをしても問題ない?

生活保護受給者のギャンブルについては禁止されていませんので、生活保護費をパチンコやスロットに使っても問題はありません。

 

生活保護費をどのように使うかは受給者の自由なので、保護費の使い方については強制ができないのです。

 

しかし、生活保護は生活が困窮している人を支援する制度であり、生活保護費も税金によって賄われているので、保護費をギャンブルに使うのは一般的な考えとして逸脱してるので改めるべきでしょう。

 

また、ギャンブルで勝ったときに得た金銭も収入扱いとされるので報告が必要になり、その分は保護費から減額されることになります。
収入の報告を行わなかった場合は不正受給と判断され、生活保護が停止になったり、最悪の場合は告訴にまで発展する可能性もあるので注意が必要です。

 

→不正受給と指導された場合

page top