生活保護受給中でもクレジットカードを作ることは可能?

生活保護を受給している人はクレジットカードの申し込みはできるようですが、審査に通過してカードが発行されるのは難しいでしょう。

 

生活保護を受ける条件として、困窮者に対して健康で文化的な最低限度の生活を保障する制度であり、事情により就業できない人や、就業していても収入が最低生活費以下の人が対象となっています。

 

最近は、公共料金やネットショッピングなどでクレジットカード決済を行うことが多くなり、クレジットカードを持っていないと生活に困ってしまうほど欠かせないものになりつつあります。

 

ですが、クレジットカードは継続してバランスの取れた収入がある人に対して発行するものなので、生活保護受給者は返済できる保証が無いと判断されてしまい、審査が通らないことが多いようです。

 

生活保護を受ける以前から所持していたら?

生活保護受給前に持っていたクレジットカードを利用していたことが見つかった場合は、受給を止められたり減額されることになります。
生活保護費は毎月の生活を保障する費用であり、リボ払いや分割支払いは制度の目的から大きく離れていると判断されるのです。

 

また、クレジットカードは借金と判断されるため、国のお金で利子を返済し、受給者には資産となるものを手に入れてしまうことになるので、申請しても認められないことが多くなっています。

 

クレジットカードを内緒で所持していても調査により見つかってしまい、最悪の場合は受給停止の処分を受けることになるのです。
生活保護の申請を行う場合は、不正受給扱いにならないよう正直に申告するようにしましょう。

page top