生活保護を受給中の疑問Q&A

生活保護を受給中の疑問Q&A記事一覧

加齢で働けなくなった人は老齢年金、何らかの理由で障害を負ってしまった人は障害年金、一家の主が亡くなった時に遺族年金などさまざまな年金があります。年金だけでは生活できない場合は年金と生活保護のダブル受給している人も少なからずいるのです。年金と生活保護をダブルで受給するなんて相当な金額になるのでは?と思いがちですが、年金は収入とみなされるのでその分は生活保護費から差し引かれてしまいます。そのため、受給...

生活保護受給者は国民健康保険に加入できないので、医療機関においての診察や治療を受けた際にかかった費用は医療扶助により負担されます。経済的に苦しく、最低限の生活を送ることができない人に医療扶助として給付され、福祉事務所の所長が生活保護法により指定された医療機関へ診療の委任を行うのです。それから、担当医が眼鏡が必要だと判断された場合は医療扶助により眼鏡が作成できます。眼鏡を作る手順は、お住いの福祉事務...

生活保護は受給者の最低限の生活を保障し自立を促すことを主とした制度で、生活保護法により定められています。生活保護受給者は贅沢品を持つことが禁止とされており、生活に必要のない不動産や高級品は現金に換えて生活費として活用することとされているのです。生活保護法でペットに関する規律は定められていないので、ペットは飼うことができます。こちらにある生活保護の受給条件でもペットに関する条件は含まれていません。本...

生活保護を受給していても海外旅行へ行くことは問題ありませんが、事前にケースワーカーへ連絡し書類の届出を行わなければなりません。遊び目的で海外旅行へ行く場合は収入認定と判断されるため、交通費や宿泊費が生活保護費から減額されてしまいます。例えば旅行期間が7日間だとすると、7日分の生活保護費が減額されてしまうのです。そのため、必ず福祉事務所へ連絡して、海外渡航届を提出しなければなりません。申請を怠り海外...

生活保護を受給している人が結婚したら生活保護は打ち切られるのでしょうか。生活保護受給者であっても恋愛をして結婚へ発展することもあるでしょう。生活保護制度に結婚に関する制限はありませんので結婚は可能ですが、同じ世帯となるので注意が必要です。生活保護は世帯を基準に決められているので、相手の収入次第で生活保護の受給に関わることも考えられます。世帯収入が増えると減額されたり、受給対象から外されたりすること...

生活保護費のみで生計を立てている生活保護受給者は、労働して収入を得ていないので住民税と所得税はかかりません。税金を滞納していたとしても、執行停止とみなされるので徴収されることもないのです。ただし、就労し自立ができたと判断され、生活保護を停止した場合は課税対象となります。生活保護受給者は免税される税金が多い生活保護を受けている人は最低限の生活費しか受給できないので、税金を払う費用は支給されていません...

生活保護は最低限度の生活を保障する制度で税金によって賄われているので、生活保護を受給している間は生命保険の加入は認められていません。生命保険に加入して保険料を納めているならその分の費用を生活費として活用できるのではないか、と捉えられ解約を迫られるのです。貯蓄型の保険は税金を使って資産を築くこととなるので、原則は解約となり、戻ってきたお金を生活費に回すことができると判断されます。保険の種類もさまざま...

仕事の都合で社宅を退去することになったり、立ち退き命令を受けて転居を余儀なくされたなど、生活保護受給者が引越す場合の費用を負担してもらうには条件があります。福祉事務所が必要だと認めた場合は引越しにかかる費用が全額負担されるのです。引越し費用は生活保護費とは別に生活扶助によって支給され、事前に受給者へ現金で渡されて業者へ支払う形となります。現金の管理が不安で自治体から引越し業者へお金を渡してほしいと...

最低限度の生活を送ることとされている生活保護受給世帯のほとんどが、エアコンのついていない部屋で暮らしています。そんな中で、生活保護受給世帯にエアコンの購入費が支給されることになったのです。最近は温暖化の影響もあり、熱中症で命を落としたというニュースを耳にすることも多くなっています。屋内で過ごしていても熱中症にかかる可能性は高く、猛暑の時期のエアコンは必需品といえるでしょう。エアコンの購入費用はいく...

生活保護を受給している人はクレジットカードの申し込みはできるようですが、審査に通過してカードが発行されるのは難しいでしょう。生活保護を受ける条件として、困窮者に対して健康で文化的な最低限度の生活を保障する制度であり、事情により就業できない人や、就業していても収入が最低生活費以下の人が対象となっています。最近は、公共料金やネットショッピングなどでクレジットカード決済を行うことが多くなり、クレジットカ...

パソコンやスマートフォンは贅沢品?生活保護は税金で賄われているので贅沢品は所持できないなどの制限がありますが、パソコンやスマートフォンは贅沢品とはならないので所持できます。生活保護法によって定められている、健康で文化的な生活を送るにあたって必要と判断されるからです。就職活動時や就労時に連絡手段がとして必要であり、現代はスマートフォンが無いと就職も困難といわれています。また、担当のケースワーカーが自...

生活保護受給者のギャンブルについては禁止されていませんので、生活保護費をパチンコやスロットに使っても問題はありません。生活保護費をどのように使うかは受給者の自由なので、保護費の使い方については強制ができないのです。しかし、生活保護は生活が困窮している人を支援する制度であり、生活保護費も税金によって賄われているので、保護費をギャンブルに使うのは一般的な考えとして逸脱してるので改めるべきでしょう。また...

生活保護を受けていても老人ホームに入居できるのか、費用は負担してもらえるのか知りたい人もいると思うので解説していきます。老人ホームならどこでも入居できるわけではありませんので、施設の選び方や注意するポイントなどを詳しくお話ししたいと思います。生活保護を受給していても老人ホームに入居できる現在、日本の高齢者は増加傾向にあり、生活保護受給世帯の半数以上が高齢者と言われています。貯金が無く、年金だけでは...

生活保護受給世帯で教育を受けなければならない子供がいる場合、教育費はどうするの?と悩んでいる人もいるでしょう。教育費については小学生・中学生の場合は教育扶助にて支援されますが、義務教育ではない場合は別の扶助を受けることになります。教育扶助の対象は義務教育期間のみ教育扶助の対象については、義務教育である小中学生の子供がいる世帯となっており、その内容についても細分化されています。教育扶助の詳細・基準費...

page top