生活保護の扶助

生活保護の扶助ってどんなのがあるの?記事一覧

葬祭扶助制度とは、生活保護を受けていたり、経済的に苦しい人に対して葬儀にかかる費用を支給する制度です。この制度は生活保護葬、福祉葬、民生葬と呼ばれることもあります。生活が困窮しており、葬儀を行えば最低限度の生活が保障できなくなる、という場合に支給されるということです。葬祭扶助を受けるにあたり行える葬儀の条件として、生活保護法第18条1項で次のように定めています。・遺体の安置・検案・火葬場までの運搬...

生活保護を受けることが決まったら、国民康保険から除外されることになります。医療は命に係わることでもあるので、病気やケガで通院する際にかかる医療費を医療扶助により給付してくれるのです。医療扶助の適応範囲医療扶助による内容は以下の通りです。・診察・薬剤・治療材料費・医学的措置・手術・治療や施術・居宅医療上の管理や世話・その他看護・入院とその治療・その他看護・移送一般的な病院代や薬代などでかかる医療に必...

生活保護ではさまざまなサポートを受けることができます。自立するために社会人として働いたり、学校へ通うための資金を援助してくれるのが生業扶助です。生業扶助はそれぞれの目的によって4つの項目に分けられています。・生業費・技能習得費・就職支度費・高等学校等就学費費用は必要な場合に現金支給され、生活保護を受給していなくても経済的な条件によっては、支給の対象となることもあるようです。ただし、本来は生活保護の...

生活保護を受けていて妊娠が発覚したら喜びもあるでしょうが、今後も生活保護を受給できるのか、妊婦検診や出産費用はどうなるのか、と不安に思う人もいるでしょう。生活保護を受給している人が妊娠した場合でも、今までと変わらず生活保護を受け取ることが可能です。さらに、さまざまな補助があり、費用も支給されるので、安心して出産の準備ができます。出産扶助とは?生活保護の扶助のうちの一つで、妊娠や出産にかかる費用の支...

生活保護を受給している世帯で義務教育を受けている子供がいる場合、教育扶助の受給対象となります。理由があって学校へ通えていない場合や、保育園・幼稚園児は対象とはならず支給されません。また、高校生は教育扶助の対象にはなりませんが、ほとんどの家庭では高校まで通って卒業しています。高校に通うことは自立することとみなされるので、生業扶助が適応となり費用を給付してもらえるのです。教育扶助はどのように支給される...

介護扶助とは、生活保護受給者が要介護認定された場合、生活保護法により介護扶助として費用を受給できる制度です。介護扶助と介護保険給付方法は原則として現物支給となりますが、改修の必要がある場合などは現金で支給されます。一般的に40〜64歳の人は、医療保険に加入しないと介護保険の被保険者にはなれません。なぜなら、医療保険料に上乗せして介護保険料を支払っているからです。しかし、生活保護を受けると国民保険か...

生活保護を受けている世帯が、決められた費用を家賃分の補助として受給できるのが住宅扶助です。扶助の対象となるのは賃貸料金以外にも敷金・礼金・更新料・居住維持費、場合によっては仲介手数料や火災保険代なども含まれますが、共益費・光熱費・水道代などは含まれていません。しかし、賃貸料金には上限金額が定められており、費用がその範囲内でなければなりません。賃貸料金の補助には上限がある賃貸料金の補助は、家族の人数...

生活扶助とは衣類や食費・電気代や、家電が故障して新調したときなど、生活を送るうえで必要となる費用が補助される制度です。給付額は最低生活費をもとに決められており、他の扶助と同時に口座へ送金されるので、生活扶助の詳細は支給金額決定通知書を確かめましょう。扶助費用はどれくらいもらえるの?生活扶助は何に対していくら受給できるのか?詳しく見てみましょう。生活保護は2項目から成り立つ@基準生活費A加算基準生活...

page top