生活保護を受給するにあたってのメリットとデメリットについて

生活保護の受給を悩むとき、一番に考えることはメリットとデメリットではないでしょうか。実際に受給するにあたってのメリット・デメリットをお伝えして、皆さんが想像している生活保護の印象や不安を少しでも変えることが出来たらいいなと思います。

 

生活保護を受給するメリット

生活保護の申請が許可されると国から生活保護費が受け取れるようになりますが、受け取ったお金は返金しなくても問題ありません。
また、納税や保険料などが免除され、支払いが無償になるものもあります。
生活保護を受給すると担当のケースワーカーが自宅を訪問したり、困りごとや心配なことがあれば相談に乗ってくれるので心強いパートナーとなるでしょう。

 

最低限の生活費は保障される

国が生活に必要な費用を負担してくれますが、日常生活以外にもケガや病気にかかった際の医療費も自己負担が0円になります。その他、国民健康保険料や年金、消費税以外の税金なども支払いの対象から外され、NHK料金や教育費も免除されるのです。

 

一般的な家庭で収入が少ない場合だと、納税義務が生じるので生活費を切り詰めてでも支払わなければなりませんが、生活保護を受給している場合はさまざまな面で支援が受けられるのでお金で苦しむことはなくなるのです。

 

何かあればケースワーカーへ報告

生活保護を受給するうえでケースワーカーは常にサポートしてくれます。冠婚葬祭などでお金が必要になった場合などは担当のケースワーカーへ報告すると対応してくれるので、日常生活やお金の面で心配することは少なくなると思います。
困ったときはケースワーカーへ頼れるのも一つのメリットと言えるでしょう。

 

生活保護を受給するデメリット

生活保護を受給するにはメリットばかりでなく、いろいろな制限が設けられているなど以下のようなデメリットもあるのです。

 

・ゆとりのある贅沢な暮らしはできない
・事あるごとにケースワーカーへの報告が必要になる
・虚偽の申告を行った場合は罰則を受ける
・親族に気づかれてしまう

 

生活保護はケガや病気でやむを得ず働くことができない人や、働いたお金だけでは生活ができない人のための制度です。
「働かずにお金をもらって遊んでいるのだろう」と思うかもしれませんが、受給するにあたってはさまざまな制約があり、それがデメリットになることもあります。

 

ゆとりのある贅沢な暮らしはできない

最低限度生活できるお金は受け取れますが、生活保護費だけでは贅沢でゆとりのある暮らしは望めません。また、財産や貯金なども自由に所持できないなどさまざまな制限があります。生活保護は税金であり、贅沢して生活するのは認められないのです。

 

事あるごとにケースワーカーへの報告が必要になる

生活保護を受給するようになると、ケースワーカーが日常生活の様子やお金の使い方などを確認するために自宅に訪れます。健康に問題なければ就職の状況を聞かれたり、収入があった場合は報告が必要で、場合によっては指導を受けることもあるのです。
ケースワーカーは月に1回訪れるので、その際は正直に報告するようにしましょう。

 

虚偽の申告を行った場合は罰則を受ける

生活保護受給中にローンを組んだり借金をすることは禁止されています。借金したことを黙っていたり、虚偽の申告を行ったときは生活保護が停止されたり減額される可能性もあり、場合によっては起訴にまで発展することも考えられるのです。

 

親族に気づかれてしまう

生活保護を申請した際に、扶養義務がある親族には支援することができないか連絡をするので隠すことは困難でしょう。
ですから、親族には知られずに生活保護を受給したいと思っても不可能だと思っていた方が良いかもしれません。

 

また、ケースワーカーが自宅を訪問した際などに近所の人に見られて知られてしまうこともあります。
しかし、基本的には個人情報保護のために生活保護を受給していることを他人に報告することはないので、心配し過ぎることはないでしょう。

page top